正しい洗髪で薄毛対策

薄毛が気になるのであれば、正しい洗髪や頭皮のケアで薄毛対策をするとよいです。頭皮を清潔にしたほうがよいからといっても、爪を立てたり、ゴシゴシ洗ったりすれば頭皮は傷付き、健康な状態ではなくなってしまいます。正しい洗髪のためには、洗髪前にブラッシングなどで髪のもつれをとき、落とせる汚れは落としておきましょう。そして、ぬるま湯を使った予洗いでほこりや汚れを落としておきましょう。いきなりシャンプー剤を頭に乗せるようなことはしないようにしましょう。予洗いが終わったら、まずは手で泡立ててから髪の毛に乗せます。予洗いで手が汚れてしまっている方は、事前に手を洗っておくようにしましょう。スカルプDといった育毛シャンプー剤で地肌を洗うようなイメージで洗っていきます。指の腹を使って丁寧に洗いましょう。洗い終わったら丁寧にすすぎ、シャンプーの成分を残さないようにします。洗い終わったらタオルドライをし、ドライヤーを使って適度に乾かしましょう。濡れた状態が長く続くと頭皮が冷えて血行が悪くなりますし、雑菌も繁殖しやすくなりますので薄毛対策にはよくありません。ドライヤーを毛嫌いする方もいらっしゃいますが、適度に使ったほうが効果的です。